読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちあずき

ブログ

【コラム】スシを作ってみよう

 よく知られている通り、スシは二十三億年前に惑星ナドンで作られたのが始まりである。最近は太陽という星の近くの惑星でも似たものが出来ているようだが、何しろ二十三億年程年季が足りないし、だいたい作っているのが未開の地の原始人なので、たいていの宇宙スシガイドからは無視されている。

 

 スシは実に魅力的なものであると言える。しかしながら、高価であることは否めない。そこで、今回は、スシを自分で作る方法を紹介しよう。

 

一、まず材料を用意する。知っての通り、スシはシャリ、ワサビ、ネタで構成されている。コメ、ワサビ、それに魚を用意しよう。なお、魚というのは水生生物のうち足が無く食用に適したものを指す。レグルス星の住民はその九割が水中で生活しているが、彼らをスシの材料にしようとすると、おそらくあなたがハンバーグの材料になるはずだ。

 

二、シャリをつくる。コメを水から茹で、茹で上がったら酢を混ぜる。このとき、水は真水を使うことがコツだ。ベクルックス星出身の編集員がこの記事のためにコメを茹でたとき、ベクルックス星特産の高硫化水素濃度水を使ったため、本記事は私が担当することになった。この場を利用して彼の一日も早い回復と手順書を注意深く読む能力の獲得を祈らせてもらいたい。

 

三、ネタを用意する。魚を下ろし、切り身にする。大きさは好き次第だ。ただし衛星よりは小さいほうがいいし、砂粒よりは大きい方がいい。

 

四、握る。シャリの上にワサビをのせ、その上にネタを乗せればいい。

 

 これでスシの出来上がりだ。うまく握れていれば、スシはたちまち電子エネルギーが離散化し、この上なく美しく輝くはずだ。玄関に飾るもよし、イルミネーションにするもよし。もしうまくいかなくても大丈夫。スシはすべて食べられる材料で出来ているため、そのまま食べても案外いけるのだ。騙されたと思って試してみてほしい。これぞ、自分でつくるスシの楽しみとも言える。

 

---

この文章はカクヨムでも公開しています。

kakuyomu.jp